2013年03月08日

【大人の学び舎「テーマ:ミステリー学」】4/20 ネタバレ注意!ミステリーについて学び、目指せあなたもミステリー作家!?

☆告知☆
【大人の学び舎「テーマ:ミステリー学」】4/20 ネタバレ注意!ミステリーについて学び、目指せあなたもミステリー作家!?


※下記、mixiコミュニティ記載の告知文を転載しております
mixiを登録していない方の参加希望は、HP右下「メッセージを送る」より、管理人に連絡をお願い致します

【ついに開校!!大人の学び舎】


こんにちは
いつもお世話になっております

先日、ご案内しました「大人の学び舎」

「私、こんなコンテンツ、持っています!」

「僕、こんなこと、提供できます!!」

「これを語らせたら、実は私、すごいんです!!!」

「こんな企画、待ってました!!!!」

などなど、早々に、沢山の反響をいただきました
本当にありがとうございます

講師役の方、まだまだ、募集をしておりますので、
「このコンテンツについては、腕に覚えがある!!!」
そんな自画自賛、お寄せください


※大人の学び舎とは
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=73183891&comm_id=5223210


さて、本題ですが先日からご案内の通り、4月から「大人の学び舎」は開校します

記念すべき開校第一回の内容は、
非常に多くの方からリクエストのあった、「あの」テーマです
活字好き、読書好きには、たまらない「あの」内容です

参加のお申し込みは殺到必至!!
乗り遅れることなく、ご参加のお申し込みをお願いします


■テーマ■ ミステリー学

名探偵.jpg

「ミステリー」と聞くと、みなさん、どんなことを想像しますか?


「火曜サスペンス劇場」

「湯けむり殺人」

「金田一少年」

「アガサ・クリスティ」

「コロンボ」

「古畑任三郎」

「ガリレオ」

「宮部みゆき」

「東野圭吾」

などなど、いろいろなことが連想されると思いますが、「ミステリーが嫌い」という人は、なかなかお目にかかれません

人が死んだり、困ったりする話なのですが、多くの人に愛されてやまない話、それがミステリーです

今回は、このミステリーの魅力に迫ります
一緒に、ミステリーの魅力について、浸りましょう!

多くの方にご参加いただきたいのですが、 特にこんな方と、一緒に学びたいと思っております

□三度の飯より、ミステリーが好き!

□ひいきにしているミステリー作家がいる!

□推理小説は、謎解きをしながら、読むのが楽しみ!

□推理小説も、ドラマも、かなりの確率で犯人を当てて見せる!

□ミステリーの新刊に、相当の金額をつぎ込んでいて、それでもまったく後悔がない!

□推理小説について、語らせたら、オレ、すごいよ!

□ミステリーが好きすぎて、いつか書いてみたい!



下記、当日の概要となります

@挨拶、当会の説明+発言の注意喚起

A参加者自己紹介タイム

Bミステリー講座1
ミステリーの歴史(世界初のミステリーは何か、有名作品、有名作家の登場など)、ミステリーの分類(密室トリック、アリバイトリック、叙述トリックetc.)

〜休憩〜

Cグループワーク
(内容は、当日まで、ナイショです)

Dグループの代表者からどんな話が出たかを発表してもらい、全体でシェア

Eミステリー講座2
現在、ミステリーの賞にはどんなものがあるか(未来のミステリー作家を目指してみよう)

F交流会
皆さんで楽しめるゲームを企画しております
こちらも内容はナイショです

G閉会

※閉会後、二次会を予定しております
 参加お申込みいただいた方へ、追って、ご連絡いたします。



その他、日程など、下記、ご案内致します

■開催日時:4/20(土)13:45〜16:45
(受付開始13:30〜)

■開催場所:豊海区民館 2号室(和室)
http://www.tafuka.co.jp/tokyo_chuo/tsukishima_toyomi.html

■募集人数:30名(主催者除く)

■参加費用:500円
(開催場所のレンタル料、交流会の飲食料金等です)

■持ち物
ミステリーに関連する資料(必須ではありません)
名刺(こちらも必須ではありませんが、交流会で名刺交換したい方はお持ち下さい)

■ご参加のお申し込みの方法
コメントいただくか、直接メッセージを下さい。

参加者向け 朝食会規定
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=64120262&comm_id=5223210

必ずご一読下さいませ





また、よく頂くご質問を、ご紹介いたします

上記の規定と合わせて、ご一読下さい


Q:内容には興味があるのですが、はじめての参加で、ちょっと不安です。。。

A:
ありがとうございます
実は、そのようなご意見を一番よく伺います
ですから、きっと、初参加の方は皆さん、同じように感じているのだと思います
一方、一度参加された方は、少なからず、リピーターになって頂いております
当コミュは、ゆるさがウリですが、最近は、人懐こさもウリになってきているので、 安心して、ご参加ください

Q:読んだことのない本がネタバレされると…

A:
そうですね
そこは、ミステリーファンとしては、気になりますよね
まず最初にお断りしますが、知的に楽しい会にするために、誰もが名前を知っている、「古典」と言われるような名著については、場合によっては、ネタバレがある、かもしれませんが、おそらく、その内容は、すでに皆さん、ご存じだと思います
逆に言うと、それでも、いまなお「名著」として、読み継がれているのは、ネタバレしていても、何か心に響くものがあるのが、名著の名著たる所以なのかもしれません


Q:どんな人が、参加されますか?

A:
ミステリー好きな人です
もし、「ネットワークビジネスに勧誘されたら」とか、「へんな勧誘を受けたら」などというご心配もあると思います
それについては、当コミュの運営側が、責任もって、対処させて頂いております

Q:好きな推理小説は持参した方がいいですか?

A:
必須ではありませんが、お持ちいただければ、楽しい会を、もっと満喫できると思います
ぜひ、交流会の場などで、熱く語ってください

Q:ミステリーって、わざわざ、学ぶものなの?

A:
確かに、受験勉強で学ぶ古典文学史のように、肩肘をはって、学ぶものではないと思います
今回、一緒に学びたいと思っているのは、「知的に楽しく」がモットーです
ミステリーや推理小説を、より深く堪能するためのことを、お互い学ぶ場にしたいと思っております
ですから、楽しみが増えるという認識でいていただいてOKだと思います

Q:私、作家志望です。自分の作品、PRしてもいいですか?

A:
…別途、ご相談下さい
運営側の誰かが、事前に読んで、その人をうならせる内容なら、私たちがアナタに代わって、PRさせてもらうかもしれません
(ただ、ちょっとやそっとでは、うなりませんが!)

Q:次回はいつですか?

A:
ありがたいご質問、ありがとうございます
次回以降、色々な方からのお申し出を頂いておりますので、今回のような「ミステリー学」については、しばらくは、難しいかもしれません
せっかくなのに、申し訳ありません
善処は致します


是非、ミステリー好きなアナタと、より一層ミステリーを好きになれる 時間を創りたいと思います
どうぞ、宜しくお願い致します

※このイベントは、Facebookでも同時募集をしております




posted by chako at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書会告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343394136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。