2013年02月25日

2013/2/23 ブックカフェで行う読書会@日本橋

532970_518368194880782_1062317412_n.jpg

場所:ZEN 茶'fe

http://zenchafe.co.jp/index1.html

参加人数:6名

紹介された本:
◆星は乱れ飛ぶ

 沖野岩三郎さんが書かれました。
 
 キリスト教の牧師が本職の氏です。

 昔の恋愛小説ですが、女性の弱さと強さを

 描かれている作品です。

 お持ちいただいたのは、「現代長編小説全集」という

 3つの作品が収められている全集です。

 重厚な本でしたが、それが逆に、本の趣を与えてくれます。



◆天空の蜂

 人気作家のお一人、東野圭吾さんが書かれたものです。

 単行本が出たのが、1995年ですから、今から18年も前のこと。

 テロリストに奪取されたヘリコプターが向かう先は・・・

 311の教訓から私たちが学ぶことの一つは、実はこの時代からの
 
 課題だったことを教えてくれる一冊です。

 東野圭吾さんの本の奥深さの一つは、犯人の人間味が挙げられます。

 苦悩しながらも、己の信念を犯行という形で表現する犯人の苦悩も
 
 物語に深みをまします。



◆植物図鑑

 これまた人気作家のお一人、有川浩さんの一冊です。

 自宅マンションの前で倒れている男性を拾った(?)
 
 女性が主人公の恋愛小説。

 男性は、料理上手で、女性の胃袋を掴んだのか、

 女性は男性の居候を快く思うそうな。

 タイトルの「植物図鑑」というのは、その後、その二人で、

 食べられる野草を探しに行く所から、ついたタイトルみたいですね。



◆デパートへ行こう!

 これもまたまた、人気作家のお一人、真保裕一さん。

 書かれた作品は、少なからず映画化されている人気者です。

 たまたま同じ日の深夜のデパートに集まった、曰くのある男女数名が、

 織りなすドタバタ劇です。

 ライト感覚で話が進むヒューマンドラマです。

 

◆ソードアート・オンライン

 多くの人に愛されるライトノベル。
 
 「このライトノベルがすごい」を受賞した大作です。

 ゲームの世界に入ってしまい、ゲーム内での生死が、

 現実の生死とリンクしてしまう人が、なんと10000人。

 その10000人が、巻き込まれたゲームの行く先は・・・?



◆いのちのラブレター

 遅咲きの医師が、縁あって好きになった女性との

 恋愛を描かれた恋愛小説。

 誰しもが心に思い描く、自分だけの理想の恋愛ドラマは

 なかなか現実にはならないもの。

 思った通りの恋愛ではないけど、それもまた、幸せの形の

 一つだと思わせる珠玉の一冊。

  
 

今回も、楽しく過ごせました。

ありがとうございました。

また、機会があれば、ご参加ください。




posted by chako at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/2/24 ブックカフェで行う読書会@千駄ヶ谷(本の交換会もあり♪)

1296037318_212.jpg

1296037318_114.jpg

1296037318_38.jpg

1296035181_215.jpg

1296035181_169.jpg

1296035181_81.jpg

2/24 ブックカフェで行う読書会@千駄ヶ谷(本の交換会もあり♪)

場所:千駄ヶ谷のビブリオテック

http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13108846/

参加人数:10名

紹介された本:
■レシートで人生を変える7つの手順/平林亮子

■世界一の美女になるダイエット/エリカ アンギャル

■訣別/グレッグ・スミス, 徳川家広

■戦争広告代理店/高木徹

■貧乏人の逆襲!/松本哉

■ただマイヨ・ジョーヌのためでなく/ランス・アーム ストロング, 安次嶺佳子

■プライド/真山仁

■願いをかなえる手帳術/さとうめぐみ

■マネジメント/ピーター・F・ドラッカー

■彼女がその名を知らない鳥たち/沼田まほかる


アカデミックな話題から、サブカルチャー、文芸まで今回も様々な本が集まりました
talk内容も、手帳術、断捨離、マネジメントから恋愛論まで幅広かったです

また、本の交換会も開催したのですが、そちらも様々なジャンルの本たちが、それぞれの参加者さん達の手元にいったようです

本好きの方のオススメ本、ぜひ楽しんで見て下さい

皆様、ありがとうございました☆




posted by chako at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする