2012年08月01日

徒然読書記録(著者サ行)

斎藤 隆介「花さき山」
坂井 かをり「がん緩和ケア最前線」
佐藤 可士和「佐藤可士和の超整理術」
渋井 哲也「ウェブ恋愛」
自由国民社「もしそれがわたしだったら」
首藤 瓜於「脳男」
成美堂出版「東京カフェじかん。 2011年版―心あたたまる穏やかな時間 (SEIBIDO MOOK)」
千田 有紀「女性学/男性学 (ヒューマニティーズ)」




佐藤可士和の超整理術

佐藤可士和の超整理術

佐藤可士和の超整理術


【感想】
整理=エンタテイメント

という考え方をしたコトがなかったので、なるほどなーと印象に残った

アートディレクターである佐藤さんは、
小さな頃から整理した後のスッキリ感、もやもやした霧がパッと晴れたような爽快感がたまらなく好きだったそう
その楽しさを追求しているうちに磨きがかかり、混沌とした社会や時代を相手に、整理を駆使して問題解決するという爽快さが仕事に結び付いているのだそう

そんな佐藤さんの手懸けたモノは、確かにシンプルで洗練されていて、それでいてワクワクさせる輝きを放っている

整理の順序、コツなどもとてもシンプルに紹介されており、随所に佐藤さんの作品も載っているので、スラスラ読める一冊

【商品の説明】
ヒットデザインは整理から生まれる!SMAPから携帯電話まで斬新なデザインとアイデアで話題を呼ぶ佐藤可士和自らがアイデアの源泉を語る!

アイデアとは、無理やりひねり出すのではない。対象を整理し、相手から見つけ出すものだ。

今日、企業から公共・教育機関まで多方面で注目を集めているアートディレクター、佐藤可士和氏。SMAP、携帯電話、ユニクロ……著者の手がけたヒットデザインやアイデアは、思いつきではなく、状況を把握し、整理することによって導き出されたもの。本書で語られる整理術とは、生活の知恵としての整理だけではなく、困難や課題に直面した際に活用できる問題解決のためのテクニックである。
本書では整理術を身に付ける手順として3つのレベル、「空間の整理」「情報の整理」「思考の整理」を設定。NTTドコモの携帯電話「N702iD」、ユニクロのTシャツブランド「UT」など、多くの事例を交えながら各整理術のキーコンセプトを解説。画期的なアイデアは、無理やりひねり出すのではなく、現状を整理するところからはじまる。アイデアは必ず目の前にある。さまざまな課題に直面したとき、解決の糸口を見つけ出すための可士和流仕事術を初公開。
内容(「BOOK」データベースより)
仕事も頭もスカッと爽快。空間・情報・思考のもやもやを一刀両断!気鋭のアートディレクター、秘技初公開。




銀行総務特命/池井戸 潤

銀行総務特命

銀行総務特命


【感想】
銀行が舞台のミステリー
行内の不祥事(顧客名簿流失、裏金づくりなど)処理を請け負う総務特命担当が主人公

小説だから、脚色はあるけれど、業務内容や用語は忠実
下町ロケットの作家さんが、こうした著作もお持ちだったとは!

【商品の説明】
出版社/著者からの内容紹介
エリートたちの醜聞を、密かに隠蔽せよ!

巨大銀行で次々と起こる不祥事・スキャンダル処理の特命担当調査役・指宿修平。特殊な「捜査権」を与えられた男の孤独な闘いを描いた銀行ミステリーの傑作!
週刊現代連載中よりビジネスマンの強い支持を受け、いよいよ刊行!

極秘「企業選別リスト」の売買事件、美人女子行員「AV出演」で明るみに出た銀行員の淫靡な欲望、ストーカー事件の陰に隠された陰謀、人事VS.総務の熾烈な暗闘、破綻銀行のペイオフ発動に仕掛けられた罠……
見かけは端正で完璧なエリート集団が引き起こす生々しい不祥事に、総務部特命が挑む!

内容(「BOOK」データベースより)
帝都銀行で唯一、不祥事担当の特命を受けている指宿修平。顧客名簿流出、幹部の裏金づくりからストーカー問題まで、醜聞隠蔽のため指宿が奔走する。だが、知りすぎた男は巨大組織のなかで孤立していく。部下になった女性行員、唐木怜が生き残りの鍵を握る―。腐敗する組織をリアルに描いた傑作ミステリー。




徒然読書記録(著者タ行)

高野 てるみ「ココ・シャネル女を磨く言葉」
武田 双雲「書愉道―双雲流自由書入門」
谷村 志穂「みにくいあひる」
俵 万智「チョコレート革命」
土田 世紀「同じ月を見ている」
手塚 治虫「ブラック・ジャック」





ココ・シャネル女を磨く言葉/高野 てるみ

ココ・シャネル女を磨く言葉

ココ・シャネル女を磨く言葉


【感想】
「何ひとつ死にはしない。
砂粒ひとつだって。
だから、何ひとつ
失われるわけではないの。
わたし、こういう考え方が大好き。」

「愛の物語が幕を閉じたときは、
そっと爪先立って抜け出すこと。
相手の男の重荷になるべきではない。」

「香水はあなたがキスしてほしいところにつけなさい。」

「20歳の顔は自然から授かったもの。
30歳の顔は自分の生き様。
だけど50歳の顔には
あなたの価値がにじみ出る。」

著者のセミナーに参加するにあたり、手にとった本

これまで、シャネル製品を買ったことはない

自分にはまだ早いのでは
着こなせるだろうか
似合うだろうか

と、臆してしまい手に取れなかったからだ

シャネル製品の機能性と、美の追及
それはココ・シャネルその人だから生み出せたもの

彼女の人生、ポリシー、そして恋
同じ女性として、敬愛すべき人

彼女の数々の言葉にシビれる


さて、30歳になった時、私はどんな顔になっているのか

【商品の説明】
昨年から今年にかけて、3本の映画が世界中で公開され、日本国内でも、2つの舞台が公演されるなど、今、憧れのブランド「シャネル」の創始者ココ・シャネル (1883-1971)の伝説的な生き方が注目されています。
なぜ、死後40年経た今また、彼女の生き方がクローズアップされるのか。それは、史上もっとも魅力的な女性のひとりだから。
恋も、仕事も、ファッションも、美意識も、「男に媚びない、おもねない、妥協しない」という、かっこいい女の生き方を生涯貫いたシャネル。
女の自立を成し遂げた彼女の、先駆者的人生からうまれた60の名言は、現代を生きる女性の心を魅了してやまないばかりか、女を磨く珠玉のアドバイスにもなっています。
著者は映画プロデューサーであり、パリ映画代表の高野てるみ。
ココ・シャネルのエスプリを知り尽くした女性です。不幸を幸運に変える知恵、女性だからこその「気づき」の力など、ココ・シャネルのもつ魅力を彼女自身どのようにして培ってきたか。
映画人・高野てるみならではの視点で描いてゆきます。

内容(「BOOK」データベースより)
ファッション、恋、仕事、美意識。媚びない、おもねない、妥協しない。
女の自立を成し遂げた先駆者的生き方。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。